小学校という存在(広報あそ 平成28年4月号)

確か以前、廃校になる小学校の話を
ご紹介したかと思いますが、
今日は熊本の阿蘇市が印象的だったので
こちらをご紹介しますね。

”ありがとう、私たちの学校
平成28年3月、永い歴史のある市内小学校
4校が閉校を迎えた。
地域とともに歩んできたそれぞれの学校には、
それぞれの物語があり、それぞれにときを刻んだ。
母校への親しみは、在校生も卒業生も
地域の人々も変わらない。
閉校式では、これまでの歩みを振り返り
当時の思い出を懐かしんだ。
そして、春。新たな学び舎で歴史は刻まれる。”
(本文抜粋)

閉校になってしまうのは寂しいけれど、
また新たな学び舎でこれからの子どもたちは
思い出を残していくんですね!

たとえ母校が閉校しても心の中にはいつまでも
あの頃の思い出が残っています^^

「広報あそ4月号」
http://ikouhoushi.jp/p/9023#page/1

アプリで読むにはこちら
※i広報紙が起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)


広報紙をもっと身近に!

i広報紙では全国400以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi