広報紙面インデックスだより(月刊広報5月号より)

こんにちは。マチイロです。

本日は、第6回目のコーナー「広報紙面インデックスだより」です!
日本広報協会(http://www.koho.or.jp/ )さまが発行している月刊誌「月刊広報(http://www.koho.or.jp/publication/ )」に掲載中の人気コーナー「広報紙面インデックス」から、マチイロ独自の視点で幾つかの広報紙をピックアップする企画です。

今回は、4つの広報紙をピックアップしました。

人生×未来×デザイン

yonezawa

「広報よねざわ」平成29年3月1日号
http://machiiro.town/p/19373#page/2

社会教育特集。3月に卒業する二人の高校生と一緒に、自分の夢や希望を叶えるためのライフプラン(人生設計)について考える。二人が描く自分のライフプランを披露。また、今後の人生について二人が感じたさまざまな疑問に対し、仕事・家庭・お金の専門家が答えた。※本文抜粋

人生とは予定通りに行かない事も多々ありますが、ライフプランを立てることは将来の展望やご自身の意識を確認する作業として大いに役立つでしょう。広報紙では若い二人のものでしたが、いくつになってもライフプランを立て「見える化」し、将来を見据えることは意義のあることではないでしょうか。

新城寄り道かくれ道

shinshiro

「広報しんしろ「ほのか」」平成29年3月号
http://machiiro.town/p/22159#page/4

市民編集委員による企画・取材。「野山の魅力」と題して、市内の隠れた魅力的な場所を10か所紹介。ロウバイやミツマタなどの花や、カワムツなどの生き物、キノコなどを取り上げる。それぞれの見どころを紹介しつつ、それらをマップで案内した。※本文抜粋

野山に散策に出かけて自然や景色を楽しむのはもちろん気持ちのいいことですが、こうやって分かりやすいガイドマップが手元にあるとよりディープに楽しめますね。市民編集委員さんのクオリティの高さに驚きです!

雪と暮らし、雪を活かす

uonuma

「広報うおぬま」平成29年3月10日号
http://machiiro.town/p/22044#page/2

生活に不便をかけ、時には事故や災害をもたらす「雪」。これまでの克雪の歴史を振り返り、貴重な地域資源である雪の可能性を探る。蓑やカンジキなどを使った、昭和30年頃までの冬の生活を紹介。そのほか、観光の最前線で働く人たちによる対談や、雪に対する外国人へのインタビューなどを掲載。※本文抜粋

冬になると雪かきをしている姿や除雪車の映像をニュース等で見ることがあります。それだけでも重労働に感じますが、テレビも天気予報もなかった時代の雪災害のお話は衝撃でした。そういった先人の知恵や経験を今に活かし、雪の魅力に着目。エネルギーとして活用する動きは今後さらに広がることを願います。

好きやねん、きづがわし

kizugawa1

「広報きづがわ」平成29年3月号
http://machiiro.town/p/19515#page/1

市政施行10周年を迎えた特集。表紙では、小学生がまちの魅力を紹介。AR(拡張現実)により、スマホをかざすと画像が見られる仕組みも設けた。裏表紙では、市役所や駅、図書館など市の施設について、10年前の写真と現在の写真を比較し、その様変わりしたまちの風景を紹介した。※本文抜粋

表紙の小学生が描く木津川市の魅力はバラエティに富んでいて、いかに子どもがたくさんのものを見て吸収しているのかを感じますね。みなさんの”木津川愛”に溢れた紙面は、見ているこちらの胸を温かくしてくれます。

改めまして、木津川市様、ハーフ成人式おめでとうございます^^

振り返ればイロイロ

ご紹介した広報紙、いかがでしたか?

馴染みのあるまちの話題から、初めて聞く地名のことまで、広報紙は幅広く網羅しています。広報紙を開くことは、新しい冒険をすることと似ているのかもしれません。

さあ、新たなページを開いてみませんか?

月刊広報のお求めは、こちらからどうぞ!