広報紙面インデックスだより(月刊広報7月号より)

こんにちは。マチイロです。

本日は、「広報紙面インデックスだより」です!
日本広報協会(http://www.koho.or.jp/ )さまが発行している月刊誌「月刊広報(http://www.koho.or.jp/publication/ )」に掲載中の人気コーナー「広報紙面インデックス」から、マチイロ独自の視点で幾つかの広報紙をピックアップする企画です。

今回は、5つの広報紙をピックアップしました。

甲斐ひと巡り

「広報甲斐」平成29年5月号
http://machiiro.town/p/21443#page/1

7年8か月ぶりに紙面をリニューアル。新たなタイトルロゴに、1300年前の「甲斐」の文字を使用。新コーナー「甲斐ひと巡り」は、市に関わりがあり、さまざまな分野で頑張っている人や団体を紹介する。1回目は、4月から活動する「地域おこし協力隊」の3人に、今後の抱負などを聞いた。※本文抜粋

1300年前の文字が広報紙に登場です。歴史を感じますし親近感もわきますね。新しいコーナー「甲斐ひと巡り」で紹介される人や団体を知ることで、より地元に対する愛着が生まれそうです。次回以降のピックアップも楽しみですね!

広報さむかわをリニューアル

「広報さむかわ」平成29年5月号
http://machiiro.town/p/21700

5月号からリニューアル。全ページフルカラーになったほか、タイトルロゴを変更。AR(拡張現実)機能を採用し、スマートフォンで、まちの話題などの関連動画を見られるようにした。※本文抜粋

全ページフルカラーになったことで、ぐっと見やすくなっています。それだけでなくAR機能が入ったことで、より情報が伝わりやすく便利になりました。ぜひ一度ご覧になってくださいね♪

はじめまして。~ユザワノイブキ~

「広報ゆざわ コネクト」平成29年5月号
http://machiiro.town/p/21496#page/1

英語で「つなぐ・結びつける」という意味の「コネクト(connect)をコンセプトに、広報紙名を「ひびく・つながる 広報ゆざわ『コネクト』とした。特集のほか、市民インタビュー、投稿のページなどを設けている。※本文抜粋

紙面とともに広報紙名も大胆にリニューアル。雰囲気も大きく変化しています。市と市民を、また市民同士を”コネクト”する内容に、そもそもの広報紙の役割ってコレだよね~と思い出させてくれます。

耳で味わうおいしい情報

「市報いわみざわ」平成29年5月号
http://machiiro.town/p/21206#page/3

岩見沢市と近隣市町村の一部をエリアとするFMラジオ放送局FMはまなすを特集。パーソナリティーに、放送局の役割やおすすめの番組などを語ってもらったほか、市民制作番組に携わるボランティアにラジオの魅力などを聞いた。※本文抜粋

FMはまなすを支え放送を続ける方々。正しい情報を素早く伝達したり、リスナーさん同士をつなぐきっかけ作りをしたりと人々の役に立つラジオ局です。

災害発生時に情報伝達をする役割があるラジオ。もしもの時のために地震後の熊本を視察するなど向上に努めていらっしゃいます。他に立ち上げ当初からボランティアで番組を持っている方をいらっしゃったりと、まさに「市民の市民による市民のためのラジオ」と言えますね^^

明石の魅力・施策 総集編

「広報あかし」平成29年5月15日号
http://machiiro.town/p/21952#page/2

「選ばれる明石、さらに住みやすいまちへ」――。4年連続で人口が増加し、出生数も増えている明石市。人口や税収が増えることで、サービスの向上につながっている。さまざまな数値が上がっている、その理由を、七つの施策を通じて紹介する。まちを語る数字から、”熱い明石”の謎に迫る。※本文抜粋

人口30万人・赤ちゃん3000人/年・本のまち300万冊/年。これは明石市が5年後に目指す「明石のトリプルスリー」です。実際にその数は右肩上がりで、明石市は賑わっています。人口が増える→税収が増える→まちがにぎわう→サービスの向上と好循環が生まれているんだそうです。

その秘密は7つの施策。読んだあなたは明石に住みたくなるかも♪

振り返ればイロイロ

ご紹介した広報紙、いかがでしたか?

住民の方々に情報を分かりやすく伝えたい、反応を知りたい。もっと距離を縮めたいという発行者の想いを感じる今回の広報紙たちでした。

身近にある広報紙。作り手の想いを知ったら見方も変わりそうですね。いろんな広報紙に触れてみると、その分発見もたくさんあるかもですよ^^

月刊広報のお求めは、こちらからどうぞ!

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国560以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi