専門店の魅力を気軽に体験(広報ひらつか 平成29年1月第3金曜日号)

こんにちは、マチイロ新ライターのナカムラです。

私の趣味は「まちあるき」。ふらっと旅に出て知らない街を歩き回るのが大好きなんですが、そんな時に役立つのが各地の「広報紙」です。

さて…今回の「広報ひらつか」の表紙は、なんだか賑やかそうな写真が印象的ですね。これは面白そう!

活気を取り戻したい

中心商店街で2代目店主をつとめている能勢さんは、子供の頃(昭和40年代)に見た商店街の賑わいを今でも覚えているそうです。

hiratsuka1

その頃の活気をもう一度取り戻したい!そんな想いで取り組んでいるのが「まちゼミ」。商店街の各店舗の店主が講師となって、自分たちの専門知識をお客さんに伝える少人数のゼミです。

「まちゼミ」はお客さんを楽しませるだけでなく、それぞれの店主や商店街全体のモチベーションもにもつながっています。

専門店ならではの丁寧なサービス

「まちゼミ」の狙いは、専門店ならではの丁寧なサービスによって、お客さんに「商店街のお店は、勉強になるし、相談しやすい」と思ってもらうことだそうです。

その結果それぞれのお店に新規固定客が生まれるのはもちろん、お客さん・商店街・まち全体にとって「三方よし」の効果が生まれます。

ただしこの効果は、長く続けていくことで表れるもの。

ですからそれぞれの店主は、自分たちの深い知識と手厚いサービスに磨きをかけるだけでなく、お客さんの反応をみながら工夫や改善を加えていかなくてはなりません。

「まちゼミ」に参加する店主たちは、昨年8月からタウンプロデューサーの講座を受講して(しかも5回も!)、お客さんの喜ぶテーマづくりやビジネスマナーなどをしっかり学んで準備してきました。

hiratsuka2

どんな話を聴けるのか、とても楽しみですね!

商店街の魅力再発見

昔ながらの商店街のお店は、正直なところちょっと「入りにくい」と思うことがありませんか?でも「まちゼミ」のような機会があれば、普段より気楽に専門店の話を聴けそうです。

うれしいことに、参加は無料。

hiratsuka3

「まちゼミ」に参加すれば、専門店の専門知識を知れるだけでなく、自分にぴったりのサービスを提案してくれる「マイコンシェルジュ」が見つかるかもしれませんね。

現在、全国270以上の商店街で実施されている「まちゼミ」。あなたの近くでも開催されているかもしれませんよ!ぜひお近くの「まちゼミ」に参加して、商店街の魅力を再発見してみてくださいね♪

「広報ひらつか」平成29年1月第3金曜日号
http://machiiro.town/p/17875

アプリで読むにはこちら
※マチイロが起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)

 

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国450以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi