ヤマセミを市の鳥に(広報ひとよし 平成29年1月15日号)

皆さんこんにちは、マチイロです。早いもので今年も残り335日です。一日一日を大切にしていかなければいけませんね。

さて今回は、酉年の今年をある鳥とともに飛躍の一年とするべく動き出した、熊本県人吉市のご紹介です。

街中で観察できる野鳥

皆さんは「ヤマセミ」を見たことがありますか?ヤマセミとは山地の渓流に生息する、白と黒の細いまだら模様の体に大きな冠羽を持つ鳥で、カワセミの仲間だそうです。

野鳥の中でも群を抜く警戒心を持つヤマセミは、生息地が渓流ということもあってなかなか遭遇できない珍しい鳥らしいのですが、実は人吉球磨地域は全国でここだけ街中でその姿を見ることが出来るとのこと。

そのため全国各地から多くの野鳥愛好家が訪れており、昨年6月に「ヤマセミを市の鳥に追加してほしい」との要望書が市に提出されました。

hitoyoshi0130-1

ヤマセミの魅力

ヤマセミは体長約38センチで、カラスより小さくハトより大きい野鳥です。大きなくちばしと冠羽が特徴で、日本に生息するカワセミ科の鳥では最大の種類です。

1年中ほぼ同じ地域に住む留鳥で、ほとんどがつがいで生活しています。※本文抜粋

ほとんどがつがいで生活しているって、何だか可愛いですね^^

でも、魚類や水生昆虫などを捕らえる際は水辺の石や枝の上から水中に飛び込んだり、ホバリングの体勢から急角度で水面に飛び込んで獲物を捕獲するそうです。

hitoyoshi0130-2

野鳥でまちづくり

普段当たり前のように目にしている景色や動物たちも、実は珍しいことだったりするものです。

そういった何気ないふるさとの姿を大事に伝えてくれる、あぁ、広報紙っていいですね~。

「広報ひとよし」平成29年1月15日号
http://machiiro.town/p/17836#page/7

アプリで読むにはこちら
※マチイロが起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国450以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi