地域全体で見守ろう(広報上越 平成29年3月1日号)

日頃の備え、していますか?マチイロです。

地震大国日本。地震だけではなく災害はいつ発生するか分かりません。
そうなった時、ご自身や周りの人の命を守るため避難するのはもちろんのこと、あなたの手助けを必要とする人が近くにいるかもしれません。

”福祉避難所”についての特集です。「広報上越」をご紹介。

福祉避難所とは?

「福祉避難所」は、地震など大規模な災害が発生した際、身近な指定避難所(学校の体育館など)や一時避難場所では、避難生活に支障をきたす高齢者や障害のある人などが、安心して避難生活を送ることができるよう開設される避難所のことです。※本文引用

上越市では1月30日に、介護保険施設などを運営する40の法人と「災害時における福祉避難所の設置及び運営に関する協定」を締結。97の施設を災害時の福祉避難所として指定したそうです。

joetsu2

福祉避難所って初めて耳にしました。大切なことですね。お勉強します!

福祉避難所の対象者

一定の要件に該当する人が対象者となるため、事前に聞き取り調査を行い避難先施設を選定、お知らせしているとのこと。

joetsu

災害時はただでさえ不安になるうえ、避難所での生活に支障をきたすとしたらそれは相当なストレスになると想像できます。福祉避難所の対象者の方にとってはとても心強いのではないでしょうか。

もし災害が発生したら

広報紙では、被災した際に福祉避難所に非難される方と家族や地域の方々への流れが掲載されています。joetsu1

これは分かりやすいです。福祉避難所の対象者と一口に言っても、対象者によって必要なサポートは様々。普段から目を通して頭に入れておきたいものですね。

やっぱり大切、日頃の備え。

今までは物資の備えが大切だと思っていました。もちろん大切なことです。

しかし、今回福祉避難所とその場所を必要とする対象者がいらっしゃることを知り、居住地近辺の一時避難所や福祉避難所を事前に知っておくこと、関心を持つことがとても大切だと感じました。

また、助けを必要としている方が近所にいらっしゃるのか。そういったことにもアンテナを張っていきたいと思います。

広報紙を通じて自分の住まいや生き方を見つめ直す・・・。うーん、深い!

「広報上越」平成29年3月1日号
http://machiiro.town/p/19502#page/1

アプリで読むにはこちら
※マチイロが起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)

 

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国450以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi