ドローンが飛ぶ!最先端の災害対策(広報まるもり 平成29年3月号)

最近よく耳にするドローン。小さなものだと手乗りサイズ、大きなものでも大人が抱えて持てるくらいの無人飛行機(ヘリコプター)ですが、いま、このドローンが世界のあちこちで活躍しています。

今回の「広報まるもり」も、そんな話題。高度な災害対策にドローンを活用するために、官民共同の実験が始まっています。

ドローンに優しい町

無人で自由自在に飛び回れるドローンは、さまざまな分野で活用されています。

以前は農業分野(農薬散布)が中心だったそうですが、最近では空撮サービスに利用されたり、さらに宅配や防犯への活用も検討されているとのこと。

marumori

ドローンの空撮写真がかなり鮮明で驚きました!

この最先端の技術を、行政課題の解決や新ビジネスの創出に活かそうとしているのが丸森町。ふたつの民間企業とパートナー協定を結び、「ドローンに優しい町」を目指しています。

迅速・安全な災害対応

今回の記事では、ドローンを使った災害対応の実証実験について特集されていました。実験内容は、ドローンを使った災害現場の映像配信と消火活動のサポートです。

最初の実験では、まず望遠カメラを搭載したドローンで「増水した河川」を撮影し、それを遠く離れた町役場や消防本部にリアルタイム中継しました。

marumori1

人間が危険な場所まで近づかなくても、ドローンを使えば安全かつ詳細に現場の様子を把握できるため、速やかな対応が可能になります。

次の実験では、サーマルカメラ(温度を測定できるカメラ)を搭載したドローンで、火災現場(を想定した焚き火)を撮影しました。

この実験では、肉眼では見えない熱源や、現場で消火活動中の人たちの様子を記録することに成功。この能力を実際の火災現場で活用すれば、いままでよりもっと効率的な消火活動や迅速な人命救助が可能になります。

テクノロジーと上手に付き合う

自由自在に空を飛び回り、さまざまな情報を収集・発信するドローンは、まるでSFの世界から飛び出してきたかのよう。丸森町のようにしっかり研究していけば、今後の防災や人命救助活動にも大きな威力を発揮するでしょう。

ただし興味本位や安易な目的でドローンを飛ばすと、周りの人に迷惑をかけたり周囲を危険にさらすこともあります。場合によっては「法律違反」で御用となることも…。

便利なテクノロジーだからこそ、利用する側にも工夫や努力が求められるのかもしれませんね。

「広報まるもり」平成29年3月号
http://machiiro.town/p/19169#page/6

アプリで読むにはこちら
※マチイロが起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)

 

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国500以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi