この表紙ノスタルジック(広報ながはま 平成29年8月1日、15日号)

みなさんこんにちは、マチイロです。

暦の上では立秋を迎え、そろそろ涼しくなるかしらぁなんて思っていたのですが、残暑が厳しすぎませんか?

そこでふと思いました。昔ってこんなに夏暑かったっけ?と。暑くてもエアコンに頼らず眠れていたあの頃。嗚呼、いと懐かし。

そこで、気持ちだけでも”あの頃”に戻れたら少しは暑さを忘れられるかも?と思った表紙をご紹介。

ノスタルジーに浸る

「広報ながはま」です!では早速ごらんくださいな♪こちらです。

「広報ながはま」平成29年8月1日号
http://machiiro.town/p/24828

「きのもとノスタルジー」というイベントでのひとコマ。こちらの通りはメインストリートから1本入っており古き良き時代がそのまま残っているようなところなんだとか。正面に見える日吉座さんは半世紀前まで映画館として賑わいを見せていました。

現在は仕出し屋さんとして営業されていますが、当時の銀幕が残っていたとのことで、1日限りの映画館復活を果たしたそうなのです。

当時実際に映画を楽しんでいた人たちも、その時代を知らなかった世代も、みなさん楽しむことができたようで盛り上がったとのこと。

だからなのか、平成っ子が昭和っ子に見えるから不思議です^^

あの時代はよかったなぁ。はハッピーのもと?

ノスタルジーに浸ることは、将来に対して楽観的になれるというデータが出ているそうです。意外なようですが、「あの時代はよかったなぁ。」は脳に良い刺激になっているんですね♪

あなたの「あの時代」に広がる風景を、ぜひとも身近なあの人とシェアしてみてくださいね。

今回は豪華2本立て!

タイムスリップしてノスタルジーに浸ったあとは、清涼感に浸ってみませんか?

「広報ながはま」平成29年8月15日号
http://machiiro.town/p/25015

ハスの葉が瑞々しく、活き活きと生命力を感じる1枚ですね。

ところで、当たり前ですがハスの葉の下には広がる水面・・・。これどうやって撮ったんやろ?

広報マン魂に火がついた件

聞いちゃいました。担当のM・・・森岡さんです^^

撮影場所は琵琶湖だそうです。この日は胴長を着用して水の中に入って撮影したんだとか!すげー

なんでも近年ハスの葉が激減しており、水面を覆い尽くしていたハスの葉が見られなくなっているんですって。その光景が見られなくなって寂しがっている人も多くいらっしゃるそうです。

そんな状況なのでハスの葉をみなさんに届けたかったのでしょう。広報マン魂に火がついた同氏は、ベストショットを撮るべく腰まで琵琶湖に入りその時をじっと待ち気配を消してハスの葉と一体化。トンボが目の前に留まっても全然警戒しないほどに。すごっ!

水中だしハスの葉が日傘代わりになって快適でした。涼がとれました~と笑っておられました。さすがです!

広報紙は想いをつなぐ大事なツール

広報紙を作る担当者は、たくさんの想いを込めて広報紙を作っています。もちろんのこと、「広報ながはま」だけではありません。

まちの情報や特集記事など、興味を持ってもらえるように写真や文章を工夫し、丁寧に作られています。

まさに広報担当者からのラブレターですね。

想いと情熱がこもった広報紙を、どうぞ楽しんで下さい^^マチイロなら全国の広報紙が読めます。自分だけのお気に入りを見つけてみてくださいね♪

 

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国500以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi