鶴市花傘鉾祭(広報なかつ 平成28年8月15日号)

みなさんこんにちは、i広報紙改めマチイロです。
・・・突然ですが、本日よりマチイロと名乗らせていただきます!以後どうぞよろしくお願いします♪

さて、マチイロとなっての記念すべき第1回目は、タイトル通り”鶴市花傘鉾祭”です。
これです。↓
na

「市報なかつ」の表紙なんですが、
みなさま、タイトル読めました?
わたしは恥ずかしながら読めませんでした(汗)

さらに、これは一体どんなお祭りなんだろうと疑問に思ったので・・・
はい、いつものやつですね。そう!「広報担当の方に直接聞いちゃいました~」です^^

まず、読み方ですが、”つるいちはなかさぼこまつり”だそうです。
読み方が分かっただけでかなりスッキリなのですが、次に気になったのがお祭りの由来です。
とってもご丁寧に教えてくれましたよ!

約880年前、洪水のたびに流されていた大井手堰(おおいでぜき)の改修に人柱が必要となり、お鶴と市太郎母子が人柱になったそうです。その2人の霊を慰めるとともに五穀豊穣を願うお祭りです。とのこと。
さらに、お祭りは2日間あるらしく、 1日目は豪華絢爛に飾られた傘鉾と1基の神輿が市内を練り歩き2日目は花火大会、その後神輿の川渡り、花傘鉾太鼓・囃子方(はやしかた)競演会があるんですって。
これは盛り上がりそうですね!

そして、傘鉾の飾りが本当に綺麗だと思ったんですが、帽子は手作りのものを使用。色は町ごとに決まっているそうで毎年決まった色の花を傘鉾に飾り付けているとのこと。

表紙の写真では4台の傘鉾が見えているのですが、伺ったところ、なんと19台の傘鉾と1台の神輿が出ていて、毎年ルートに変更はあるものの、市街一円を約30~40㎞移動するんですって。
これはけっこうな距離です。・・・実際見てみたい!

お祭りの開催は毎年8月下旬の土日で、今年はすでに終わっています。
来年のスケジュールを早々に押さえてみませんか?^^

「市報なかつ」8月15日号
http://ikouhoushi.jp/p/12860

アプリで読むにはこちら
※i広報紙が起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)


広報紙をもっと身近に!

i広報紙では全国400以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi