お正月にいかが?広報紙で見つけた”おせちにもう一品”な7選

クリスマスが終わったと思ったら急に年末色が濃くなってきました。お正月の準備はすすんでいますか?マチイロです。

今回はお正月のごちそうに加えたら食卓を囲むみんなが笑顔になる広報紙メシをまとめてみました~。ちょっと欲張って7つご紹介しますよ^^早速いってみましょう♪

昆布巻き

awara

おせちの定番昆布巻きです。年末になるとお母さまが作られていたという方、お手伝いをしていたという方もいらっしゃるのでは?かくいうわたしがそうでした。子どもの頃は苦手だったのに今ではおいしく感じるから不思議です。中の具もバリエーションに富んでいて色んな味を楽しめますね♪

「広報あらわ」平成28年11月号
http://machiiro.town/p/15931#page/14

雑煮

hitoyoshi

こちらもお正月の定番ですね。熊本京菜という野菜の名前を初めて聞きました。どんな味なんだろう♪
お雑煮は地域ごとにお出汁や具材、お餅の種類でずいぶん違いがあるようで、どの地域の物もいただいてみたくなります。雑煮=お正月と言っても過言ではないのでは?

「広報人吉」平成28年12月号
http://machiiro.town/p/16582#page/22

錦たまご

sakata

こちらのお料理、材料は卵、砂糖、塩とシンプルなんですが、工程に手間を惜しみません。丁寧な作業からうまれる美しい逸品。おせちのお重に入っていたらどうやって作ったの?と聞かれること間違いなし♪

「私の街さかた」平成28年12月1日号
http://machiiro.town/p/16612#page/21

吹き寄せ卵

tarumizu1

卵第二弾でございます。こちらは定番の伊達巻より簡単に作ることができるんだとか。はんぺんが入ることでふわふわの食感とのこと。お正月にいただく卵料理も色々あっておいしそうです♪

「広報たるみず」平成28年12月号
http://machiiro.town/p/16478#page/8

れんこんのはさみ焼き

tarumizu2

こちらも「広報たるみず」からのご紹介。

れんこんは穴が空いていることから、将来の見通しが良くなるようにと願い、おせちには欠かせない食材。しゃきしゃきとした歯触りを楽しめる。(※本文抜粋)

ふだん何気なく口にしているれんこんですが、こうやって意味を知るといつもの定番料理もぐっと品格が上がる気がします。年の初めにしゃきしゃきを楽しんでみませんか?

「広報たるみず」平成28年12月号
http://machiiro.town/p/16478#page/8

レンコンまんじゅう

kani

めでたい食材レンコンをもう一品。すりおろしたレンコンはもちもちしていて、しゃきしゃきとはまた違った食感を楽しめますね♪むきエビが加わることでほんのりピンクに色づき食欲が増します。おもてなしにもぴったりですね~^^

「広報かに」平成28年12月1日号
http://machiiro.town/p/16329#page/9

ゆずプリン

shinshiro

こどものころ、我が家のおせちにはみかんの器にゼリーが入っているものがありお手伝いをしたものです。そんな思い出がよみがえる一品を発見♪ゆずに甘酒の甘みが加わって、見た目にも身体にも優しいスイーツですね。食べすぎ飲みすぎのお腹をそっといたわってくれそうです。

広報しんしろ「ほのか」平成29年1月号
http://machiiro.town/p/17012#page/26

年末年始って

大掃除や年賀状作成などお仕事は様々あるでしょうが、お正月にいただくおせちの準備も大きな仕事ですよね?

近年おせちは作るものではなく注文するもの。という方も多くいらっしゃるかもしれませんが、ゆっくりできるお正月だからこそ、ちょっとの手間とたくさんの愛情をかけて一品でも手づくりしてみませんか?と、自分に言ってみるわたしです。笑

 

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国450以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi