レッツ減塩。おいしく減らソルト(広報しき 平成29年9月号)

こんにちは、マチイロライターのナカムラです。

もうすぐ秋、食べ物が美味しい季節です!この時期の旬の味覚といえばサンマ。脂ののった身をほぐして、しょうゆをたらした大根おろしといっしょに頬張れば・・・もうたまりませんよね(じゅる)。

ただいくら美味しいといっても、塩分の取り過ぎには要注意(しゅうゆのかけ過ぎは禁物です!)。今回は市をあげて減塩に取り組んでいる志木市の「広報しき」をご紹介。

「減塩」は意外と難しい?

日本人が大好きな味には、かなりの塩分が含まれているそうです。味噌やしょうゆといった調味料をはじめ、ラーメンのスープや丼物、漬物や佃煮も塩分たっぷりです。また意外なことに、パンや麺、かまぼこやソーセージといった一見塩味を感じにくい食べ物にも、実はかなりの塩分が含まれているとのこと。

ごく普通の食生活をしているつもりでも、私たちは日常的に塩分を取り過ぎがちなんですね。いや、自分は大丈夫!という方は、ぜひともこちらの「濃い味やみつき度チェック」を試してみてください。

どうでした?塩分の過剰摂取傾向に気づいた方も多いのでは?

「おいしく減塩」は意外と簡単!

今回の特集記事では、市の管理栄養士が作成した「おいしく減塩するための5つのポイント」が紹介されています。「酸味をうまく効かせる」や「調味料は食材の表面に」など、どれも簡単に実践できるものばかりです。

また小さなころから減塩の習慣を付けるため、市内の保育園で提供されている「減塩給食」や、健康増進センターで実施している「離乳食教室」についても紹介されています。実際に減塩給食を食べた園児たちからも「おいしい!」と大好評。

レッツ減塩クッキング

「広報しき」では、家庭で簡単にできる美味しい減塩レシピが掲載されています。おいしくて健康的な食習慣を作るためにも、ぜひ活用してみませんか?

ブリのステーキ香味ソース

下味に塩を振りたくなりますが、お酒だけで充分なんですね。勉強になります。

ブリの表面にだけ味つけすることで塩分を抑える工夫がなされています。香味野菜が大活躍ですね。おいしそうです。

野菜のじゃこおかか

小松菜のような緑の野菜は子どもに敬遠されがちですが、ちりめんじゃこやかつおぶしが加わることで、食感豊かに風味もアップでモリモリ食べられそうです。

学校給食だけのメニューにしておくなんてもったいない!ご家庭でも作ってみてくださいね。

少しの工夫で、食欲の秋を楽しもう

減塩というと「味が薄くて美味しくない」イメージがありますが、どうやらこれは誤解のようです。塩分の量を減らしても、おいしい味覚はいくらでも楽しめます。

健康的な食生活に必要なのは少しの工夫だけ。さあ今年の「味覚の秋」も、旬の味覚を健康的に楽しみましょう!

「広報しき」平成29年9月号
http://machiiro.town/p/25476#page/1

アプリで読むにはこちら
※マチイロが起動し、自動的にダウンロードが開始されます(iOS版のみ)

 

広報紙をもっと身近に!

マチイロでは全国560以上の自治体が発行する広報紙を、いつでもどこでも読むことができます。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

ダウンロードはこちらから
iPhone,iPadの方→https://itunes.apple.com/jp/app/id855062660
Androidの方→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hope.ikouhoushi